イベント日程
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


 ■休日
 ■オークション下見会
 ■入札締切日
 ■出品締切日

アクセスマップ アクセスマップ (クリックで拡大)

古裂会の最新情報をお届けします.

ブログ

Twitter

facebook



HOME > 出品方法

出品方法

お手持ちの古美術品の価値を最大化する独自のオークションシステムです。

01申し込み
まずお電話、ファックス、Eメール等でお気軽にお申し込みいただき、出品を希望される美術品の写真を弊社までご郵送・Eメール添付等にてお送りください。出品作品の制作年代・作者・サイズ等に関する資料があれば併せてお知らせください。
※資料がない場合でも支障はありません。
02出品の可否を判断
折り返し弊社よりカタログ等の資料をお送りします。そちらに掲載の詳細なご紹介をお読みの上、ご納得されてから申し込まれても結構です。送っていただいた美術品の写真を検討した上で「ご出品いただけるか」を判断してお知らせします。
※作品によっては出品していただけない場合があります。
03作品のご発送
ご出品をお願いした場合、出品作品を弊社まで宅配便等でお送りください。送料等は出品者さまのご負担になります。
※原則的には出品者さまにご発送いたただきます。ご発送が困難な作品は弊社がお預かりに伺いますが、交通費等実費のご負担をお願いします。
04最低出品価格を査定
作品を鑑定させていただき「最低出品価格」(オークションのスタート価格を査定してお知らせします。査定は弊社におまかせいただきますが、出品者さまのご希望に添うよう努めます。原則として最低価格20.000円以上の作品をオークションにかけさせていただきます。
※査定額20,000円未満の作品でも出品できますが、出品者さまが要する諸経費を考えるとお薦めできません。
05預り書・出品受付書を発行
出品が決定した作品について預かり書・出品受付書を発行します。
06カタログに掲載
弊社では2ヶ月に1回のペースでオークションを実施するごとに全出品作品を掲載したカタログを発行。入札参加者さまへ頒布しています。出品が決定した作品はすべてカタログに載せますので、写真カット数に応じた撮影料を頂戴することになります。作品の状態・サイズ・形状によっては梱包資材料、保管資材料、修理代等の実費をいただく場合があります(必要な場合のみ)。
※オークションで落札された場合は撮影料の他に掲載スペースに応じた掲載料も必要になります。不落札の場合は掲載料はいりません。
※撮影料・掲載料の料金はお申し込み時にお送りする資料をご覧ください。
07オークション開始・下見会
カタログ発行時点から入札を受け付けますが、入札参加者さまには弊社および京都・相国画廊他で開催する「下見会」(全出品作品を展覧)をご覧のうえ落札いただくようお薦めしています。オークションは下見会の数日後に締め切り、その時点で出品作品が「落札したか」「落札額はいくらか」が決定。結果は直ちにお知らせします。オークション情報は弊社Webサイトでもご覧になることができます。
08再販期間
オークションで落札しなかった作品をカタログ掲載の最低価格で販売する「再販期間」を2週間ほど設けています。一度「不落札」をお知らせした作品でもこの期間に落札されるチャンスがあります。
09お支払い
オークション期間あるいは再販期間に落札した場合、落札者さまからの入金後に落札価格をお支払いします。落札価格に対する10.5%(消費税込)の手数料・カタログ掲載料・最低価格の0.5%の保険料を差し引いてのお支払いになりますので予めご了承ください。お支払いはオークション終了のひと月後以降になる予定です。
※落札しなかった作品は送料着払いにてのお返しになります。申し訳ありませんがご了承ください。